シャーマンの旅

シャーマンの旅

こんばんは、堀江です。

8月の更新から止まっておりました。
2つのサイトを管理していくのは大変ですね。
アメブロの方は、少しずつ更新しております。

8月からこのかた、リーディングやヒーリングという現象に対して
自分のスタンスがよくわからなくなっていました。
そして、不思議な体験もたくさんしました。
珍しく、セッションを受けまくった日々でもありました。

信じざるを得ない、そんな状況を目の当たりにしてもなお
頑なであり続ける自分の顕在意識と、どうも上手に折り合いがつけられない。
そんな数か月間でありました。

私は明日から、10日間のヴィッパッサナー瞑想に参加してきます。
すごいんですよ。
10日の間、誰とも会話しない、目も合わせてはいけない。
ボディランゲージもダメ、携帯はもちろん、本も雑誌も音楽も歌もダメ。

今もまだ、顕在意識が行くなと鐘を鳴らして警告しています。
でも行くんです…。

10日間、朝4時に起きて1日10時間の瞑想。
食べてるか、トイレか、瞑想か、って感じです。
食事も、朝とお昼の菜食のみ、夕方はフルーツとお茶が頂けるそうです。

山の中で、30名ほどの人々とひたすら瞑想をする。
怖いけど、とても安堵している自分もいます。
やっとか、やっとここまで来たか。
意味は分かりませんが、そんな風に感じる自分もいます。

今日は、リーディングのためにカードを引きましたが
どう考えても、これは私のためのカードに見えますが
私たちは無意識の底の方で、集団意識を共有していますので
このカードのメッセージが必要な方が、きっといらっしゃるのでしょう。

今日のカードはこちら
「シャーマンの旅」

シャーマンというと、どんな人物を想像しますか?
トランス状態となって精霊の言葉を降ろしたり、死者と交信したり?
日本にも昔は、卑弥呼やアマテラスという巫女が居たり
イタコやユタを想像する方もいらっしゃるかもしれませんね。

私の想像するシャーマンは、ネイティブアメリカンの
メディスン・メンですかね。遠い憧れのような存在です。

ある方に教えて頂いた本には、身体に不具合が出たある方の治療を行う
メディスン・メンの様子が描写されていました。

それは儀式の中で、深い深層意識に潜り
患者のパワー・アニマルを呼び戻す様子が描かれていました
(パワーアニマルというのは、私たちを守ってくれている動物の精霊のことです
パワーアニマルとはぐれると、本人の不調として現れたりするようです)。

ほうほう、と読み進みましたが
実は、私たちが霊的な成長を遂げようとするときに
これにとても似たことをやっていることがあるのです。

深層意識に潜り、自らの闇を見つめ、統合と変容へと向かう時
それは、シャーマンの旅によく似た工程を経ています。
暗がりを手探りで進み、見たくない部分を凝視して白日の下に晒す
それは、光によって浄化され、再び戻っていく。

私たちは今、分離と二極性の物語から脱し
統合とワンネスの世界を目指そうとしています。

スピリチュアルな人々は時に「目覚め」という言葉を用いますが
私たちは、幻想の物語にいることを自覚し
本当の世界に気がつく必要があるのです。

「本当の世界」こう聞いたときにどんな世界が思い浮かびましたか?
それすらも、あなたの思い込み(ビリーフ)なのです。
リアルは、いつも「いまここ」にしかありません。

幻想を離れ、自分の感覚を研ぎ澄ませましょう。

コメント

  1. akita より:

    面白い

    1. さえ より:

      読んで頂いてありがとうございます。

akita にコメントする コメントをキャンセル

*